抜かない治療

抜歯と非抜歯の考え方

現代人はあごに比べ歯が大きい傾向にあります。そのために歯並びの異常を引き起こしている場合もあります。そういったケースの場合抜かない治療と抜く治療の選択に迫られるかもしれません。当医院ではレントゲン撮影を含めた無料カウンセリングにより患者様の状態をしっかりと検査し「可能な治療法」と「最適な治療法」をお伝えいたします。 極力抜きたくない方もいらっしゃると思います。医師が事前に正確に情報をお伝えしておりますので安心して治療に入れると思います。

あごが小さく、
歯が大きい場合の2通りの治療法


あごに対して歯が大きいため歯並びが崩れています。

1.抜かない治療

クマちゃんの向きをそろえ何とかベンチに入るようにしました。見た目も少しもたついた感じがします。

力が加わると・・・。

クマちゃんたちは崩れてしまいました。

狭いベンチ(あご)に入りきらない大きさのクマちゃん(歯)を無理やり入れているため、バランスを崩しやすい状態でした。

2.抜く治療


一匹のクマちゃんにどいてもらいます。

ベンチに隙間が生まれました。


クマちゃんがぴったり入り、安定感も、見た目も良くなりました。

抜かない装置

当院では抜歯をどうしてもしたくない方のため、様々な装置を用いて顎を広げ、抜かずに治療する方法をご用意しております。
※但し限界や問題点等もございます。

あごを後方へ広げる装置1

臼歯の奥に余裕がある場合、以下のような装置により歯を移動し、あごを後方へ広げることができます。

あごを後方へ広げる装置2

臼歯の奥に余裕がある場合、以下のような装置により歯を移動し、あごを後方へ広げることができます。

あごを外側へ広げる装置1

臼歯の奥に余裕がない場合、以下のような装置により歯を移動し、あごを側方へ広げることができます。

あごを外側へ広げる装置2

臼歯の奥に余裕がない場合、以下のような装置により歯を回転しつつ移動し、あごを側方へ広げることができます。

トップページへ